鼻の毛穴

角栓のさまざまな取り方

鼻の角栓は、角栓と皮脂が混ざって出来たのです。そんな鼻に溜まった角栓をそのままにしてメイクをすると台無しにしてしまいます。また、無理矢理取ってしまうと、角栓の穴が広がってしまう場合もあります。角栓を取るにはいくつかのパターンを知っておく必要があるのです。その一つがパックを使って取り除く方法です。鼻の角栓のある部分にパックをすると、パックのシートに角栓がたくさんついてくるので、ハマってしまう方も多くいます。使い方は簡単なのですが、保湿をしっかり行なっておこかないと乾燥してしまいます。また、剥がす瞬間の刺激がとても強いため、乾燥肌や敏感肌は気をつける必要があります。それでも角栓を取りたいという場合は、ピンセットや自分の指を使って取るようにしましょう。特にピンセットは先端がとても細いものを使うと良いです。

鼻の角栓を作らせないようにしよう

鼻の角栓を作らせないようにするには、洗顔料の泡をたくさん泡立ててぬるま湯で洗うことです。泡を滑らせながら洗うようにすると、肌の汚れを綺麗に取り除くことができます。しかし、あまりにも湯の温度が高すぎてしまうと、乾燥肌を招きかねません。そのため、洗顔をする時は、しっかりぬるま湯で洗うようにしましょう。また、定期的に角栓のケアを行うことが大切です。角栓は一度で効果を発揮するわけではありません。継続が大事です。そしてメイクはしっかり落とす必要があります。メイクをしたまま眠ってしまうと、たくさんの角栓を作ってしまう可能性があります。また、入浴した後は必ず湯船にためたお湯に浸かるようにしましょう。湯船に浸かると汗をかくので毛穴が開きます。その後は、乳液や化粧水などを使ってスキンケアを行うことが大事です。